それぞれのお祝いに合わせた熨斗の選び方

結婚の内祝いに使用する熨斗紙

家族にお祝い事があったとき、幸福のお裾分けとして贈るのが内祝いですが、結婚の場合、結婚式に招待しなかった、披露宴に欠席した人からお祝いをもらったときに内祝いを用意します。結婚式に出席した人には引き出物を用意するのが一般的なので必要ありませんが、たくさん祝儀をもらったときは別途用意すると良いです。 内祝いには熨斗紙をかけるのがマナーで、表書きの上部に内祝い、下部に名前を書きます。このときの名前は新姓が一般的ですが、連名の場合は右側に男性の名前、左側に女性の名前を記します。水引は紅白で結び切りという種類のものを使用します。結び切りは紐の先端が上に向いており、ほどけないよう固く結ばれたもので生涯に一度きり、繰り返したくないという意味が込められています。本数は10本のものを用意します。両家5本ずつ合計10本で、幸せが2倍になりますようにという願いや夫婦は2人で1つという意味があるようです。

出産の内祝に使用する熨斗紙

出産の内祝に使用する熨斗紙は、上部に内祝い、下部に名前を書きます。このときの名前は子供の名前だけを記しますが、身内である両親に贈るときは内祝いではなくお祝いと書くこともあります。両親の名前を書かず子供の名前だけを書くのは、この内祝いが子供からの感謝であること、また子供の名前を披露するという意味があるためで、読み方が難しい場合はふりがなを振ります。双子や三つ子が誕生した場合は、右側から順番に名前を書きます。

水引の種類は紅白の蝶結びのものを選びます。何度繰り返してもうれしい、ほどけても結び直すことができるためです。本数は最も一般的なのは5本ですが、簡略化する場合は3本、丁寧にする場合は7本を選びます。いずれにしろ奇数を選ぶのが基本ですが、9本は苦を連想させるので避けるのがマナーです。