結婚した際に贈る結婚内祝い

結婚内祝いの相場と渡し方

結婚内祝いは、いただいたお祝いの金額によって決まります。通常はご祝儀の半返しとなり、高額のご祝儀や目上の人からのご祝儀の場合は三分の一返しとなります。半返しや三分の一返しに相当する結婚内祝いを選ばないと、マナー違反になるので気をつけましょう。また、結婚内祝いは夫婦で手渡しをするのがマナーとなっているので、遠方でない限りは直接持って行くのがベストです。都合が合わない、遠方で訪問できないという場合は、宅配便で送ることもできます。ただし、宅配便で送る場合は、お礼状を添える必要があります。結婚式へ来てもらったことへの感謝を、自分の言葉で書き記すことが大事です。結婚内祝いを贈る時期は、結婚式後2週間~1ヶ月の間になります。

喜ばれる品・避けた方がよい品

結婚内祝いは、それぞれの好みに合わせて選ぶのが良いでしょう。喜ばれる品としては、スイーツや洗剤、タオルなど、消耗品や日用品があげられます。形に残るものよりも、食べたり使ったりしてなくなるものの方が、贈る方にとっても贈られる方にとっても気楽です。相手の好みがわからない場合は、カタログギフトを贈るのも良いでしょう。ただし、結婚内祝いには避けた方がよい品もあるので注意が必要です。縁が切れることを連想させるナイフやハサミなどの刃物、悲しみを連想させるハンカチ、苦しみを連想させる櫛は、結婚内祝いとして向いていません。また、それぞれの地域によって縁起の悪い品物が異なるため、事前に調べてから贈るのが賢明です。